様々な要件を満たした最適な形をご提案.初期設計案はもちろん、既存の構造物の改良・改善に.

構造最適設計ソフトウェア
OPTISHAPE-TS

OPTISHAPE-TS(オプティシェイプ ティーエス)は、自動車部品・電気機器・建設用機械などの研究・開発・設計に役立つ構造最適設計ソフトウェアです。

剛性・強度などの力学要件や様々な製造要件を満足しながら、最も軽量な形状、同じ質量でより振動特性の優れた構造などを提案します。

初期設計段階はもちろん、既存形状の改良・改善など、様々な場面で活用されています。

各種用途に合わせた構造最適化機能
OPTISHAPE-TSの最適化機能は、大まかに分けると「位相最適化」(トポロジー最適化)と・・・ 続きを読む
初期・開発段階での設計案に位相最適化
位相最適化は自由な材料レイアウトを得意とする構造最適化手法です。主に製品の研究、・・・ 続きを読む
ソルバー内蔵
OPTISHAPE-TS には構造最適化に必要となる各種有限要素ソルバーが含まれています。別・・・ 続きを読む
解析時間
モデル規模、解析内容によって大きく異なりますが、1回の有限要素解析に要する時間の50・・・ 続きを読む
詳細設計にはノンパラメトリック形状最適化
ノンパラメトリック形状最適化は、構造表面を自由に変形させて最適形状を求めることが・・・ 続きを読む
ビード設計にはビード最適化
ビード最適化は、その名前の通り、与えられた境界条件下での最適なビード形状を提案し・・・ 続きを読む
製造要件を考慮した最適化
位相変動制限 / 形状変動制限機能 を利用することによって、様々な製造要件を満たしなが・・・ 続きを読む

構造最適設計ソフトウェア
OPTISHAPE-TS